メリットの異なるメール|パソコンや外付けhddの故障を解決|企業で使われる様々なシステム

パソコンや外付けhddの故障を解決|企業で使われる様々なシステム

メリットの異なるメール

IT

企業に勤める社内SEの中には、会社のメール環境について悩みを抱えている人が少なからずいるでしょう。会社のメール環境というのは、「ウェブメール」か「メールソフト」のどちらを導入するかによって決まります。ここでは、それぞれのメリット・デメリットについて知って行きましょう。それを知ることによって、自身の勤める企業に最適なメール環境がウェブメールなのかメールソフトなのかを判断することができるはずです。

ウェブメールというのは、インターネットのブラウザにて利用することのできるメールです。ウェブメールを利用するメリットは、インターネットの繋がる環境であればどこでも利用できるといった点にあります。また、アカウントによってメールボックスが管理されているため、サインインさえすれば会社のパソコンだけでなく自宅にあるパソコンやスマートフォンのデバイスからでもメールボックスにアクセスすることが可能です。しかし、メールボックスに保存できる容量に制限があるといったデメリットがあります。また、インターネットが無ければメールボックスすら開けないというのもデメリットになるでしょう。メールソフトの場合、設定された会社のパソコンでしか使用できませんが、そのパソコンのHDD容量の分だけメールを保存することが可能です。